■作品紹介トップ
■曲の検索

タイアップや収録CDが検索できます。

■ひとことメッセージ


マイ・プレジャー〜with my pleasure!

何かを頼まれたとき「はい。よろこんで 〜It's my pleasure.」という有美さんの口癖から。

復帰後初のアルバム。オリジナルアルバムとしては、4年ぶりです。いろいろなタイプの曲があります。昔ながらのものも、ええ?谷村有美!?っていうのも。
 Luluのお気に入りは「花を咲かせましょう」
ほんと、元気が出ますよ〜!CDを手に入れたかえりのちんちん電車で、歌詞カードよみながら、思わず涙してしまいました。
「ああダメといわれた10年 ついに出番がきたのかもね。」
「花を咲かせましょう 世界に咲きほこる花よ その名はASIAN」
そして、力が入ってる「フラジャイル」
脆さというのは、決して、強さの欠如ではなく、もろいからこそ、感じ取れる痛みもある。壮大なスケールの、歌です。
「プロミス」は始めアルバムに入る予定ではなかったものが、ファンからの強い支持などもあり、急きょ収録されるようになった曲。ライブではその日の衣装や天気によって歌詞が変わって楽しいです。
このアルバムのキーワードは、「虹」と「花」かなぁ。

初回版はボックスいりで、歌詞カードの写真がちょっとかわります。予約特典で、ジャケ写真のクリアファイルがもらえました。
ライブ会場でアルバム買うと、サインいりフライヤーも手に入りました。

ひとことコメント

Message from Yumi
〜Hello,my friends!
「おまたせ!」からはじまる、アカペラコーラス。
しあわせについて。 ライブのトップを何度も飾りました。
revenge fortune tellingという占い師の歌だったそう。
A・RA・WA revengeからのつながりがいい感じ。
NO R×PAIN NO RAINBOWS no rain no rainbowsという落書きから。
DESTINATION〜Over the Rainbow 虹の彼方へ〜 アルバム制作を決心して、ギターで作られた曲。
風に任せて 流れにまかされるのもいいかな?
ベストセラー シングルとはアレンジが全然違う!
花を咲かせましょう 心の応援歌。世界に咲く大和撫子魂。(笑)
真実の花 暖かい暖かい別れの歌。
Calender Love 1週間SONGをうたってみたかったそうです。
フラジャイル 弱さは、決して、強さの欠如ではない。
プロミス〜約束〜 1999.6.5神戸会館のこけら落としライブで初披露。

その他・こぼれ話

revengeはもともと「復讐〜リベンジ〜」というタイトルだったどうです。
ちょっと復讐と言う文字の与えるインパクトが強いので、英語表記に落ち着いたそう。

愛する人へのころに曲はできてたのに、歌詞が納得行かなくて、自分への「リベンジ」でもあるらしいです。

販売データなど
ZETIMA EPCE5107 2913円
2001.6.20発売