■作品紹介トップ
■曲の検索

タイアップや収録CDが検索できます。

■ひとことメッセージ


圧倒的に片想い

両想いというのは、厳密にあり得ない。付き合っていても、二人の想いが、全く同じ大きさってことはあり得ない。どっちかの方がちょびっとでも、片想いしてる。
だからね、みんな片想いをしてるんだ。
  
有美さんが、実験的な試みをいっぱいして作ったというアルバム。
「AメロBメロサビ AメロBメロサビ Bメロサビ」っていう、型で、多くの曲が作られているけど、そういう、型というのに捕われずにつくってみたかったそうです。一番それがあらわれているのが、タイトル曲である「圧倒的に片想い」で、途中で台詞はいったり、メロディーを楽器に歌わせたりと、「こんなことしていいの?」ってことがいっぱいつまってる。型も凄く崩してるし。
  
Luluの好きな曲はうーん、アルバム全体が好きなんだけど、、。
逆ふたまた。「FU・TA・MA・TA」を作って、「ひどいじゃん」ってことで、今度はふたまたかけられちゃう歌を作ったらしいんだけど、女のプライドとか意地っていうのが、凄く出てると思う。
「ピンチのときこそ女はきっと度量を試されるもの ここはひとつ 女の見せ所」
「仕事の後の外泊も キャッチホンの相手も 夕べの行き先も決して 私からは聞かない」
、、、ね?
語りかけてるようでつぶやいてるようで、やわらかい曲なのに、強いの。言葉が。
そして、優しいのにも程がある。コレもスキ。
「本当は最初から落とされているのに<しゃくだけど> 踏み出せないその理由は 手痛い失敗が心の中でかさぶたになって 私を臆病にさせるから」
ひねくれてるのよ。「誘わないで」とか言っときながら、「もっと強引に誘って」
なーんて。まあ、女心なんてこんなもの?
愛情と友情。
昔からある命題。「男と女の友情は成立するか!?」についての歌。
有美さんはラジオの中で、「やっぱりどっちかにちょっとは恋心がないと、
友情も成立しないのでは?」なんてこと言ってました。
「皮肉な性別」ってとこが「皮肉な裁決」ってきこえたの。わたしには。
神様が勝手に決めた裁決。ってね。男の人にとって、痛い歌かも。
「愛してる痛みもわかるけれど 受け取るだけの愛も堪えるの」
「誰よりも大切に思ってる気持ち嘘じゃないけど この気持ちは決して恋じゃない」

初回限定版は歌詞カードの紙質が違い、分厚いです。
「どの曲をスキかで、女の子のタイプがわかる」なーんてことおっしゃってました。
ちなみに、「優しいのにも程がある」をスキと言った人に、
「こんなワガママな女がいいの?」って言ってました。

ひとことコメント

Instrumental part I 初のインスト。聴くとピアノがひきたくなる。。
逆ふたまた ピアノが歌ってくれなくて苦労したそう。
何も聞かないで 最後のサビ前がすごく切ない。
優しいのにも程がある 肝心の一言が一番欲しいんだよね。
愛情と友情 男と女の友情、成立しないこともある。
もうすぐあなたが帰ってくる 遠距離恋愛のハッピーエンド。「おかえりなさい」
MOON 傷付いてもかまわないから 側にいさせて、、。
愛しているのに 男と女のものの見方の違いだよね。
圧倒的に片想い 悔しいくらい、好きだから。
信じるものに救われる 「もういちどだけ」というのが痛いです。
あなたに出逢えて シンプルだからこそ伝わる想い。

その他・こぼれ話

ジャケット写真の撮影は8月。
10月発売なので長そでなんかきてるのですが、涼しそうな顏していても、からだは正直に汗かいてたそうです。
発売当時の有美さんのお気に入りは「もうすぐあなたが帰ってくる」
「浮かれてる感じがよく出てるから」だそう。

販売データなど
SONY RECORDS SRCL3367 2718円
1995.10.21発売