■レポートトップ

■ひとことメッセージ


ミナミ極楽堂公開放送レポート

(2/11公開収録)
谷村有美さんです。
と、紹介されて、ちょっとたってから出てきました。

白のシャツに、薄い茶色の迷彩柄のスカート。フロントにスリット。
左手首には黒っぽい金属でできた、じゅずっぽいブレスレット。
胸元にはラインストーンでキラキラする、シルバーのクロスのペンダント。
足下はふくらはぎまでおおう、細みの黒のブーツ
顔はラメでキラキラ。シャツもラメでキラキラ☆
髪の毛は茶パツでアップにして、ラメでキラキラ。
前髪はポンパドールでおでこ全開。

「テレビ収録、久しぶりなんです。緊張してます。」
といい、「みず、水水。。」といって、水をもらってました。
「今回はこの番組用のスペシャル・バージョンなんですが。。
歌うの初めてなんですよ。。
ちょっと、ドキドキしてるんですが。。聴いて下さい。」
といって歌ったものの、1番のサビで歌詞を間違え、
さらに2番のサビ辺りから、声がうまく出ない。。
歌い終わったあと、番組の担当者の方が、有美さんところで何やらごそごそ。それに対して有美さん、
「え?本当ですか?・・はい。・・はい。じゃ、お願いします。」
といって、もう一度収録することになりました。

今度は完璧!
また水をもらい、次にギターを抱えました。
ギターのストラップ(っていうんでしょうか?)は、スカートとお揃いの、薄い茶色の迷彩柄でした。
会場からはどよめきが。。

「今日は、せっかくのテレビ収録ということもあり、もう1曲歌わせて下さるということで、『なににしようかな?』と悩んだのですが、『ベストセラー』のカップリングの、『真実の花』という曲をお送りしたいと思います。」
「この曲は、ですねぇ、『しあわせって何?』というのを、追求した歌で、女性の方、たくさんおられますけど、この歌をきいて、『いや、それは違う。』とか、『そのとおりだ。』というのを是非、聴きたいんです。」
「では聴いて下さい。『真実の花』」

ところが、、
2フレーズめの歌詞を失敗。
「済みません。今、仮詞が出ちゃいました。仮詞って、初めのラフに書いた歌詞のことなんですけど。すみません。」
「やだなぁ。米倉さん(有美さんの前に登場)って、一度もまちがえなかったんでしょ?」
観客はニヤリ。だって、米倉利紀さんは4回取り直しをしていたのです。。
ちっちゃいこえで、「ふふふ ふんふん〜。(歌ってみて、)そうだわ。大事なとこなんだから。。」
「では聴いて下さい。心を込めて歌います。
あ、さっきは心込めなかったって訳じゃないのよ。『真実の花』」

しかし、またしても2フレーズめで歌詞を間違う。。。
気を取り直して、3回目。
・・・・・・オケが出てこない。。

カメラの位置をなおして、4回目。
今度こそ、うまくいった・・・ケド・・
大サビの「あ〜なたは」のつぎ、「優しさをくれたのに、大事にしてくれたのに」の歌詞を間違ってしまう。。。

でも、これは放送用ではないので、4回で終了しました。

「谷村有美さんでした!」
で、退場されました。

その後、トークもあり、ダーツもあり、盛りだくさんでした。
トークでは「天使」にはまっているということで、様々な天使グッズをご紹介。写真は、その中で紹介されたフラワーベースです。(Lulu所有のもの)
ダーツでは、様々な天使グッズが並べられ、有美さんが狙うというものでした。