■…についてトップ
■有美さんとの出会い
■有美さんからのハガキ

■ひとことメッセージ


有美さんからのハガキ

私が参加した初めてのコンサート、「WithII」ツアーで、有美さんは「幸福の場所」の発売を発表。
その時に、「ジャケットがいいのよ。普通だったらね、何枚かあるうちから選ぶんだけど、今回は見たとたん、コレだって決まったの。目がイイのよ。こっちをキッと見ててね。」
その時私の心に浮かんだのが、赤いフィルターがかかった写真で、有美さんがこっちを不敵に見つめているもの。(笑。全然違ったけど。)

しばらく経って、そのイメージで、イラストを描いたんだけど、これがなかなかうまくかけない。
結局途中で投げ出してしまうんですが、時々取り出しては、ああでもないこうでもないって、手を加えてました。
でも、MUSIC GUMBO WEDNESDAYが終わると聴いて、「これを有美さんにみせなきゃ。」って思って、最終回に仕上げてだしたんです。
そしたらなんと、2ヶ月ほどして届いたFAITHの会報(39/40合併号)にのってるじゃないですか!
びっくりくりです。
FAITHに入会してるかどうかもわかんないのに、わざわざ載せて下さったなんて。
  
しかも、そのまた1ヶ月後にあったフィルムコンサートで、MUSIC GUMBOの最終回のフィルムが流れたのですが、初めの方で、どどーんとそのイラストが出てきたばかりでなく、阪神大震災の時のことを話すシーンでは、有美さんの手に、、、。(内容が震災の時のことだったので。)
しかも有美さん、イラスト見てるー。
  
ホント、嬉しくって、お便り出しました。
ありがとうございますと、ずっと待ってます。っていう。
  
ある日、実家の母親から電話があって、ハガキ来てるよ。「谷村有美」さんから。って。
(母親も「笑ってイイとも」のトークみてから、有美さんのことお気に入りなのです。)
「へー、よんで。」っていって、読んでもらってたら、途中で、私の名前が。
「え、ちょっとまって、お母さん、それって、手書きなの?印刷じゃなくって?」
「うん。きれいな字かいてるよ。」えー!?
次の週、下宿に持ってきてもらいました。
ノーマン・ロックウェルの絵葉書でした。私の、一番の宝物です。